【読後紹介】加藤 諦三さんの「自分のうけいれ方」

1日1読書
765目です♪

本日、紹介する本は、

加藤 諦三さんの「自分のうけいれ方」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目的、問い】

自分を受け入れる、幸せな心の有り様とは?

【心に残った内容、感想など】

人生とは不公平なものである、と受け入れてから、人生が変わる。

あなたがあなたの現実を作っている。

自分の運命を受け入れる覚悟する。

猿は泳げないから猿なのに、魚として泳ごうとするから辛くなる。

他者依存から脱却する。
自立への過程の時、心の中は戦場となる。
自分の意思を通すストレスとの戦いである。

【個人的ワンポイント】

他社と違うことを切れるから、何が自分に見合うものか、基準を知ることができる。