【読後紹介】田中一成さんの「マンガでやさしくわかる生産管理」

1日1読書
777目です♪

本日、紹介する本は、

田中一成さんの「マンガでやさしくわかる生産管理」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

知識にやや曖昧な箇所があり、理解力が弱いところをおさらいする。
(言葉の使い分けや管理方法、工程管理のミソなどを確認する)

【要約】

全体の計画が基本となる。そして実績との差を見える化し、管理していくこと。

【心に残った内容、感想など】

材料、外注、仕掛品、在庫等のサプライチェーンの全ての段階を管理する。

負荷管理をする。
過剰すぎても無理となり、余り過ぎても無駄となる。

現品管理。
中小企業の場合、専属の担当者を置きづらいこともあり、管理が難しくなる。

情報には、常にリアルタイム性が求められる。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

立てた計画も必ず崩れる。その崩れた計画をいかに的確なタイミングで見直し、最適化していくか、が肝である。