【読後紹介】イルセ・サンさんの「思い出すと心がざわつく こわれた関係のなおし方」

1日1読書
797目です♪

本日、紹介する本は、

イルセ・サンさんの「思い出すと心がざわつく こわれた関係のなおし方」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

相手と良い関係性を作るには?

【個人的!要約】

自分と相手は、当然のごとく異なる。

その違いがあることや、拒絶されることがあって当然。
その拒絶や違いに対するの持ち方を決めておく。

【心に残った内容、感想など】

拒絶されたときの心の持ち方を決めておく。

向き合った時、勇気と柔軟性と意欲を示した自分をねぎらう。

自分の怒りのポイントを知る。

違っていることを恐れず、表現する。

相手の話を聞く耳を持つ。
聞きたくなかったとしても、耳を傾ける。

自分と向き合ってくれない人もいることを理解する。

相手に相手なりの、私の都合と関係ない理由がある。

私は、を主語にして、意見を言う。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

拒絶や違いに対して、恐れず向き合った勇気と柔軟性と意欲を示した自分をねぎらう。