【読後紹介】イルセ・サンさんの「鈍感な世界に生きる 敏感な人たち」

1日1読書
798目です♪

本日、紹介する本は、

イルセ・サンさんの「鈍感な世界に生きる 敏感な人たち」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

自分とはどんな感じだろう?

【個人的!要約】

自分の限界を受け入れることは、悪いことでは無い。
限界以上の義務を負う必要は無い。

【心に残った内容、感想など】

HSP簡易テストを実施。マイナス52点〜プラス140点の間の点数になる。

60点以上の場合、HSPの可能性がある中、52点。微妙な数値(^_^;)

鈍感な人は、自己評価が低い。

他の人の責任まで背負いがちである。

100%、ベストを尽くすべき、と思っている。

高い基準を設定しているなら、その基準を下げることがとても重要である。

全部、自分のせいだと思わない。

小さな成功体験を重ねる、楽しいことをする。

「〇〇すべき」と、自分、そして他人に対して、道徳化しない。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

「〇〇すべき」ではなくて、「〇〇だったら良いのに」と、義務から願望へ、表現を変えてみる。