【読後紹介】姉崎慶三郎さんの「できる課長になるための50の心得。部下と部長に好かれて結果を出したい人に。10分で読めるシリーズ」

1日1読書
801目です♪

本日、紹介する本は、

姉崎慶三郎さんの「できる課長になるための50の心得。部下と部長に好かれて結果を出したい人に。10分で読めるシリーズ」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

マネージャーに大事なことは?

【個人的!要約】

夢を語り、ナンバーツーとコミニケーションを取り、一つ一つ実行し、達成していく。

【心に残った内容、感想など】

毎月の会議は、貴社の計画の進捗を確認すること。
開催日は、10日ごろが良い。前月の実績と当月の3分の1の様子を見て、
微調整をかけられる。
月末では、対応が遅れる。

成功や失敗は、個人ではなく、組織に帰属する、と考える。

ナンバーツーに何でも相談する。
しかもナンバーツーは全く別のタイプであることが良い。

イエスマンでは意味がない。

読んで学んだ内容を、4つに分類する。

一度だけ実行するものか。
意識を変えるためのものか。
定期的に実行するものか。
目標にできるものか。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

学んだことを4つに分類する。