【読後紹介】田中義樹さんの「中堅リーダーに必要な共創話法」

1日1読書
808目です♪

本日、紹介する本は、

田中義樹さんの「中堅リーダーに必要な共創話法」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

成果の出るコミニケーションとは?

【個人的!要約】

コミニケーションを軸に、「相手のため、になるかどうか」を持つ。

【心に残った内容、感想など】

人はプラス展開になる反応や回答は受け入れやすい。

例えば、「それなら、次は、〇〇をしてみようか」とか、
「面白いね、そう考えた理由を何個かあげてみてくれる?」など。

関心を伝える。
好感につながる。
相手の近況や、その場の状況、人からの情報など。
これがモチベーションのベースになる。

自発的な言動の源は、その情報や打診が「(相手にとって)自分のためになるかどうか」である。

それが、利己的か、世のため人のためになるものか、いずれもある。

相手のためになる、役立つものになるかどうかの視点に立ち、
3センテンスでまとめる習慣を持とう。

相手の知りたいことから話していくことが大事。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

お願いするにも、何をするにも、これが、「相手のためになるか」を考えてみる。