【読後紹介】宇都出雅巳さんの「図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」

1日1読書
865日です♪

本日、紹介する本は、

宇都出雅巳さんの「図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

忘れによるミス、勘違いによるミスをなくすには?

【個人的!要約】

脳のワーキングメモリは小さい。
よって、ワーキングメモリーは不要な情報は外に出す。

【心に残った内容、感想など】

ワーキングメモリは、すぐに、明確に、記憶ができる。
しかし、貯蔵することができないため、7つ前後が限界である。
そのため、ワーキングメモリから不要な情報を出す。それがメモである。

集中したいときは、インターネットやスマホ近くに置かないようにしたり、
整理整頓をする。

頭の外で考えるようにする。
ホワイトボードや紙に書きながら考えなくても良い。

物事を理解することでワーキングメモリの負担は、相当減る。

片付いていないから忘れる。
物を減らす。紙はスキャンして、クラウドに保存する。

名前の覚え方。
それは、会話の中で相手の名前を呼びまくる。

悩みや不安を紙に書き出すと良い。

フレームワークとは、どこに注意を向けるのか、という型のこと。
注意漏れが起きにくくなる。

すぐやることでミスは減らせる。

できるだけシングルタスク化していく。

短い質問を繰り返すことで、相手に深く切り込める。
それは、相手が考えやすいから。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

必要な情報は、メモをする。
不要な情報は、目に触れない。
そうすることで頭がスッキリする。