【読後紹介】白潟敏朗さんの「部下のやる気アップの王道 経営百科事典」

2020年12月27日

1日1読書
852日です♪

本日、紹介する本は、

白潟敏朗さんの「部下のやる気アップの王道 経営百科事典」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

人がやる気になるには?

【個人的!要約】

やる気を少し上げる3つのマネジメント。
1、「◯◯さんの意見を聞かせて」
2、ありがとうを伝える。
3、じっくり話を聞く。

【心に残った内容、感想など】

まずは、やる気を少し上げるところから。
スタートをサポート。
その後は自分で上げてもらう。

やる気が下がる理由は、
1、上司が信頼できない、嫌い。
2、会社や上司から期待されていない。
3、上司の言動に不公平を感じる。

「◯◯さんの意見を聞かせて」と、意見を聞く。
関心を持ってくれている、頼りにされていると思われる。
上司は知恵が集まり、部下は成長する。

一部だけに聞くのでは不公平になる。
不公平をなくす方法の一つ。
名前でビンゴ。対象者の名前を書き出し、必ず1つは聞く。

手渡しのありがとうカード。
タイミングは四半期に1回ぐらい。
お褒メールも良い。

じっくり聞く。
ただ聞くだけで信頼される。
部下の要望や悩みが分かる。認められたと感じる。信頼される。
うなずく、おうむ返し、メモをする。

不公平感をなくすために、呼び方は統一する。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

意見を聞かせてもらう機会を作る。