【読後紹介】小倉広さんの「マネジャー」の基本&実践力がイチから身につく本

1日1読書
919日です♪

本日、紹介する本は、

小倉広さんの「マネジャー」の基本&実践力がイチから身につく本

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

管理のポイントは?

【個人的!要約】

ナンバー2を育てるから組織が育ち、成果が出る。
結果、自分が楽になる。

【心に残った内容、感想など】

まずは部下を育てること。

着任直後は、自分の仕事は後回し。

上からの矛盾は、解決すべき課題と、当たり前に受け止める。

何でもできるマネージャーにならなくて良い。
マネジャーでもできないことがあるのが前提であり、助けてもらって当たり前。

部下に対し、「できるから任せるのでなく、できないけれど、任せてしまう」ことが大事。

小さなトラブルは当たり前。60%は達成できるマニュアルを、
セーフティーネットとして張って、任せる。

決めるだけの会議ではなく、対応する会議にしよう。

上の意見を押し付けるのではなく、部下の意見や不満を全て聞き出し、
議論し、受け入れてもらえる真っ白な頭を作ろう。

1人が担当できるメンバーが6人が限界。ナンバー2にがんばってもらおう。

マネージャーは、重要で緊急でない事項に力を注ぐ。
パソコンを開く前に、毎朝30分から1時間は、その重要事項を書き出したり、
プランを立てたり、考える時間を取ろう。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

毎朝、重要かつ緊急でない事項に思いを馳せ、時間を使う。