【読後紹介】月刊 医療経営士 2020/11

1日1読書
911日です♪

本日、紹介する本(雑誌)は、

「月刊 医療経営士 2020/11」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

様々な病院の取り組みの情報収集。

【個人的!要約】

自院、地域の状況やニーズを見える化し、満たし、価値を高める。

【心に残った内容、感想など】

自院、地域をシビアに見て、戦略を立て、実行する。
ニーズをリアルタイムに捉え、必要な機能を、必要なボリュームで提供する。

DX。体験価値が求められる。
データを活用できない企業は取り残される。

取り組み、活動の成果などの発信とキャリア構築は、密接な関係にある。どんどん発信していく。

コスト削減は、安定して、良い品を、安く購入する、のバランスを取る。
ダイエットは、無理なく全職員で。

データの可視化だけでは足りない、関係者との適切なコミニケーションが必要である。

医療需要に応えられる病床管理。
入院が増えるとして、現状で対応できるのか。

受注控え、診療制限による患者減に比べれば、設備や環境整備への投資は必要経費。
患者が受診しやすい環境作りを構築できた病院は患者の戻りも速い。
 
コロナ禍において、面会ができる病院に行きたい、というのは、1つの地域のニーズである。
そのニーズに対応することは、価値や質を高める要因となる。

採用におけるウェブ会議システムの活用は、接触機会、コミュニケーションの増加となる。

医師が、在宅診療に、集中できる多職種のサポート体制が重要。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

在宅医療に対応できるのは、医師だけでなく、多職種がサポートがあってこそ、である。

https://www.fujisan.co.jp/product/1281696065/b/2034166/