【読後紹介】柿原 まゆみさんの「CSがつくった最高の病院」

2020年12月27日

1日1読書
914日です♪

本日、紹介する本は、

柿原 まゆみさんの「CSがつくった最高の病院」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

患者満足と経営の関係は?
根付かせるコツは?

【個人的!要約】

やると決めたら、ブレずに、やり続けること。

【心に残った内容、感想など】

クレド(信条)作成のプロセス。
6ヶ月かけて、12人で作成をする計画で行ったが、結果、1年以上かかった。

クレドの大事さ。
同じことを、10回ぐらい聞いて、ようやく分かった、ということもあった。
職員の信条だから「職員の手作り」にすべきである。

クレドとは、職員の信条。
一緒のものを信じて仕事をしよう。
しかし、やり方は別々で良いですよ、というもの。
クレドに基づいて何をしているのか、これが大事。

技術とサービス、ともに高いレベルを追求していくこと。

トップが全くブレなかった。非難、反対があってもやり続けること。
新しいことなので、不安や抵抗感を持つ職員が多くても、それは当たり前。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

患者、職員、仕入先、地域の人、この4者が幸せになる道を考える。