【読後紹介】「保険外診療/附帯業務」(医療経営士テキスト)

2020年12月27日

1日1読書
921日です♪

本日、紹介する本は、

「保険外診療/附帯業務」(医療経営士テキスト)

(しばらくテキストを読むので、一冊でなく、一章単位などで読んでいきます。)

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

試験勉強。

【個人的!要約】

公的医療費財源でまかないきれない、医療技術の進歩。
患者負担で選べる選択肢の拡大。
医療ビジネス拡大への対応。

【心に残った内容、感想など】

公的医療費財源、健康保険料のの角にも限界がある。
医療技術の進歩はとどまらず、むしろ加速している。

保険外診療併用制度。
先進医療などの評価療養や特別に選定できる差額ベッドなどの選定療養。

その背景は、国民の安全性の確保や、患者負担増の防止、
国民の選択肢の拡大や利便性の向上である。

附帯業務。
第42条。範囲拡大中。

拡大する医療ビジネス。
APHCS。医療ビジネスのサービスマーク。

サービスが発展している。
支援レベルから、変革を促すレベルまで。

人間ドック事業、医療ITビジネス。