【読後紹介】中尾ゆうすけさんの「これだけ! OJT」

2020年12月27日

1日1読書
923日です♪

本日、紹介する本は、

中尾ゆうすけさんの「これだけ! OJT」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、狙い】

OJT、人材育成のポイントは?

【個人的!要約】

原理原則、「何のために、なぜその仕事があるのか」を伝える。

【心に残った内容、感想など】

成果を出しても無関心は辛い。公正に認める。

教え方が悪いと、どんな人も育たない。

難しい仕事をするには、「前提となる知識、経験となる仕事のやり方」がある。

ロバートカッツ。
管理者には、「管理能力、対人能力、専門能力」が求められる。
真っ先に伸ばすべきは対人能力。

原理原則指示。
何のためにやるのかを伝える。
その仕事がなぜあるのか。
どうして必要なのか。

企業である働く以上、好きなことを極めても、利益にならないのであれば価値がない。
自己実現は利益を出した先にしか存在しない。

【ベイビーステップ】

段階を追って育成するからできるようになる。