【1288】仕事のゴールと工程表

~病院職員が、安心して、仕事の生産性高く、充実して働ける未来の一助へ~
今日は、「仕事のゴールと工程表」という言葉について考えてみたいと思います。
仕事の工程を見える化する。
とあるセミナーに参加しての学びのシェアです!
そのセミナーの講師の方は、病院のあらゆる部署の仕事を行ってきた経験の中で、
建物のプロジェクトに関わったこともある方でした。
その人が言われるには、「当時、工事の責任者と話したときの工程管理の手法が、
仕事の参考になった」いう話があり、私も参考になりました(^-^)
建物を作るための工程表は、まず細かい、いろいろな会社が関わっているものです。
それに対し、「よくこんなスケジュールで、進めることができますね」と聞いたところ、
「一つでも遅れたら、いろいろな下請会社に迷惑がかかるから遅らせられない」との一言。
仕事の工程の見える化と管理は、仕事を進める上で重要な要素であると改めて思いました。
ゴールから逆算して必要な工程を明確にすることはもちろんですし、
それぞれが受け持つ仕事完遂へのコミットメントの高さは、
他の仕事でも共通して大事なことだと感じます。
仕事を完成させるための工程を見える化しているか、遵守しているか、
遅れることもあるかもしれないが、それに追いつけるようにフォローし、
取り戻そうとしているか、非常に貴重な観点だと思います。
以上です。では、また明日(^-^)v
テーマについて、ご要望あれば、コメントをどうぞ。
◇病院経営の見える化について公開講座(動画)の講師をする機会を頂きました。感謝(^_^)
◇過去の内容、記事はこちらから是非(^-^)