【読後紹介】渋沢 一加さんの「 ポストコロナをどう生きるか: 新型コロナで見えた働き方とこれからを考える」

1日1読書
736日目です♪

本日、紹介する本は、

渋沢 一加さんの「 ポストコロナをどう生きるか: 新型コロナで見えた働き方とこれからを考える」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目的、問い】

時代が変わりゆく中で、自分はどう変わるべきか?

【心に残った内容、感想など】

自主的に生きる。

すべては変化するもの、という意識を持つ。
I CT化の理解と経験は必須。

リモートワークの課題をしっかりと知る。
例えば、仕事の見える化、コミュニケーション不足への対応、などである。

リモートワークのメリットを知る。
例えば、業務プロセスの改善や、コスト削減、などである。

起きる課題は、ITで解決できる、という認識を持つ。それでこそ、メリットを享受できる。

【個人的ワンポイント】

変化に対応する。その最適、必須ツールがICT化、といえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA