【665】教えること、考えさせること

中神勇輝です。今回で、665回目です☆

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来が変わる、
そんなきっかけになれば有り難く今日も思いを綴ります(^-^)

お友達に紹介したいという方があれば、以下メルマガをどうぞ(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

では、本日の内容です。

コーチングスキル、コーチングマインドの学びの共有です。

人に成長してほしい時、
どのようなコミュニケーションをとると良いのか、悩むところです。

そんな時、心に置いておきたいのは、その人が、

本当は何をしたいのか?
どうなりたいのか?

という答えを出せるのは、他でもない、その本人、ということ。

他人ができるのは、その答えを引き出し、支援するだけ。

明確な答えを用意できるのは、受験勉強まででしょう。

こうしたら良い、といえる知識をどれだけ教えても、
相手が受け取らなければ、身にはなりません。
相手が実践できなければ、意味がありません。

もちろん、教えて、実践して、うまくいくこともあります。

それは、たまたま波長や考え方が合致した、
ということではないでしょうか。

もしくは強制力が強かった、ということもあります。
自らやろう!と思ったものでない場合、なかなか続きません。

もちろん自分と波長が合う人からティーチングを受ける、
ということができれば効果がありますが、
中には考え方や波長が合わない人もいるでしょう。

いや、むしろ、合わない人の方が多いのではないでしょうか。

では、どうしましょう?

繰り返しになりますが、教えるということに加えて、
相手の能力を引き出す、気持ちを引き出す、
という視点が大事です。

答えは、相手が持っている、というマインドで接する。

このマインドが非常に重要であるということが分かります。

教える能力、引き出す能力がともにあってこそ、
相手の成長促進を加速させることができますね(^-^)

では、また明日(^_^)v

◇過去の記事は、ブログにまとめています(^-^)

https://ameblo.jp/gami-yukkichi

◇2018年12月、大きな目標がないと日常の引力に引っ張られ、未来は変わらない、
という内容で本を書きました。
Kindle Unlimitedでも読めます。

◇2019年12月、豆腐メンタルが強くなるための5つの視点を本にまとめました。
Kindle unlimitedでも読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA