【669】考えさせること、失敗を許すこと

中神勇輝です。今回で、669回目です☆

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来が変わる、
そんなきっかけになれば有り難く今日も思いを綴ります(^-^)

お友達に紹介したいという方があれば、以下メルマガをどうぞ(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

では、本日の内容です。

部下の役割はなんでしょう?

考えられる役割の一つは、上司の立場に立ち、動く、
ということではないでしょうか。

もし上司の立場だったら、
「こういうことをしてほしいだろう」、
「ここまで動いておいたらスムーズに行くだろう」、
など相手の立場に立って動くこと。

ここで、大事なのは、自分で考えてみること、ですよね。

例えば、指示に対して、
「更にこうしたら良いだろう」と思うことや、
「準備したものに対してこういうツッコミが来るだろう」とか、
「より聞きたいこともあるだろう」ということに
思案を寄せることで、その後の議論や物事がスムーズに進みます。

もちろん、相手の意図と外れることもありますが、
1度は考えてみる。

全てを指示や依頼通りにやらせてしまっては(やってしまっては)、
考える機会がなくなりますし、成長できません。
時に、部下が失敗することがあったとしても、
その時の上司のあり方としては、その失敗を許容する姿勢が必要ですよね。

多少なりとも、考えさせるような関わりを持つからこそ、成長しますし、
後々、お互いが楽になります。

考えること、許すことが、
信頼関係を構築し、良い仕事の関係をつくっていくことになりますよね、

上司は上司で、部下を高める、
部下は部下で、上司を高める。

とはいえ、言うはやすし、行うは難し、です。

その信頼関係構築に、まずできることは、
相手を肯定的に捉える、
挨拶をする、
笑顔で接する。

そんな日常のちょっとしたコミュニケーション、
相手に思いを寄せるところから変えていきたいですね(^^)

では、また明日(^^)/

◇過去の記事は、ブログにまとめています(^-^)

https://ameblo.jp/gami-yukkichi

◇2018年12月、大きな目標がないと日常の引力に引っ張られ、未来は変わらない、
という内容で本を書きました。
Kindle Unlimitedでも読めます。

◇2019年12月、豆腐メンタルが強くなるための5つの視点を本にまとめました。
Kindle unlimitedでも読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA