【834】配慮と躊躇

中神勇輝です。今回で、834回目です☆

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来が変わる、
そんなきっかけになれば有り難く今日も思いを綴ります(^-^)

◇過去の記事は、ブログにまとめています(^-^)

https://ameblo.jp/gami-yukkichi

メルマガ登録はこちらから(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

では、本日の内容です。

人に配慮するということと、行動を躊躇するということは、大きく違いますね。

配慮は、相手に向かっています。
躊躇は、自分に向かっています。

配慮とは、何か伝えるにしても、
相手が受け入れやすい、決めやすい、判断できる、そういった情報を与える、
ということは、一つだと思います。

心が自分に向かってしまうと、トンチンカンなことを言いかねませんし、
そのせいで自分の思い通りにもいきませんし、
相手も、反応しづらい、判断しかねる、困る、ということがあります。

相手がどんな情報を欲しがっているのか?

相手に思いを寄せるたけで、だいぶ出てくる対応は変わります。

独りよがりの躊躇ではなく、他人思いの配慮ができるようにしたいですね(^-^)

では、また明日(^-^)v

◇Twitterでも呟いています(^-^)

◇2020年7月、試験の失敗を通して、学習本を読み漁った時の気づきや
エッセンスを1冊にまとめてみました。Kindle unlimitedでも読めます。 

◇その他の本は以下からどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/%25E4%25B8%25AD%25E7%25A5%259E%25E3%2580%2580%25E5%258B%2587%25E8%25BC%259D/e/B08372SCJ5%3Fref=dbs_a_mng_rwt_scns_share

以上です(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA