【735】1動作1ありがとう

中神勇輝です。今回で、735回目です☆

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来が変わる、
そんなきっかけになれば有り難く今日も思いを綴ります(^-^)

お友達に紹介したいという方があれば、以下メルマガをどうぞ(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

では、本日の内容です。

今回は、職場の上司から聞いたエピソードから。

最近、組織での良い関係性について話し合うことが多くあります。

その中で、コミュニケーションを良くする方法の話題として、
「感謝することが、人間関係を円満にする」という話題がありました。

関係性を作るのに、当たり前のつけどころを間違えないことが大事、
という話です。

◯◯してもらって当たり前、と思っていると、感謝の心は起きません。
当たり前のレベルが低い(してもらえると思っているレベルが低い)場合は、
「そこまでして下さってありがとうございます」という心になりますし、
逆に、当たり前のレベルが高すぎると、余程のことでない限り、
してもらって当たり前ということになってしまいます。

実際、どうなのかというと、
他人と他人ですから、してもらって当たり前、ということはないです。

家族でさえ、他人と他人です。
ましてや、職場は、まさに他人と他人。

その中で、どれだけ当たり前のレベルを下げて、
感謝できるか、これに尽きます。

とはいえ、脳の順応化という作用によって、
当たり前のレベルは勝手に上がっていきます。
だからこそ、意識なり、感謝をする空気感、仕組み、習慣が必要です。

話は元に戻ります。

その上司(と家族)は、1動作1ありがとう、ということを家庭内で、
心がけているそうです。

ありがとう、という言葉を出す、ということですよね。

大事な心構え!と思いました。

そして、最近の話題である、勉強につなげます。

私も、試験勉強させてもらう時間を作っていますが、
自分だけでは、そうはできません。

私がしていないことを、家族がやってくれるからこそ、
奥さんがやってくれるからこそ、と感謝をすることが大事ですよね。

その感謝の心があれば、貴重な時間をもらって勉強する時間があるのだから、
しっかり集中してやらなきゃ!と思えます。

ありがとう、という言葉を出し、自分の勉強も集中できるとしたら、
一石二鳥ですね(^-^)

では、また明日(^-^)v

◇過去の記事は、ブログにまとめています(^-^)

https://ameblo.jp/gami-yukkichi

◇Twitterでも呟いています(^-^)

◇2020年3月、中小企業診断士試験の失敗経験をプラスに捉えたらどうなるか、まとめました。
Kindle unlimitedでも読めます。 

◇2019年12月、豆腐メンタルが強くなるための5つの視点を本にまとめました。
Kindle unlimitedでも読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA