【読後紹介】八木将計さんの「バッファデザイン─製造業における多品種少量・短納期化に応えるための方法論」

1日1読書
881日です♪

本日、紹介する本は、

八木将計さんの「バッファデザイン─製造業における多品種少量・短納期化に応えるための方法論」

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

多品種少量生産、短納期化の潮流に乗るためには?

【個人的!要約】

適正な時間バッファ(標準時間の設定、ばらつき改善)、
在庫バッファ(市場予測、部品の共通化、大事な工程の設定と在庫配置)、
能力バッファ(多能工化、設備投資、設備の共有化

【心に残った内容、感想など】

生産計画が重要。

生産計画が立てにくい時に起きている問題は、
品物数と工程数が多い、
制約条件が厳しい工程がある、
市場のリードタイムが短い、
市場の変動性がある。

その対策は、バッファを持つ。
時間、在庫、能力の3つである。

危険度グラフで、「残工程率と、残バッファ率」を見える化し、
大きな問題からアプローチしていく。

◆時間バッファの最適化。

顧客納期と、コントロールポイント(重要な工程)の期限を軸に考える。

ボトルネックとなる工程、コントロールポイントを特定する。

製造リードタイムの最適化。
つまり、標準時間の信頼性を高める。
同一工程の中で、作業者による作業時間にばらつきがあれば、バラツキを小さくする。

◆在庫バッファの共有。

市場の需要を予測する。
部品を共有化する。
モジュラー設計をする。
中央倉庫による在庫の集約を行う。

◆能力バッファの最適化。

危険度グラフを見て、工程の負荷が増大しているところへ設備投資をする。
また、設備の共有化や、多能工化を図る。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

仕事の納期とコントロールポイントを特定する。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E2%94%80%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%A4%9A%E5%93%81%E7%A8%AE%E5%B0%91%E9%87%8F%E3%83%BB%E7%9F%AD%E7%B4%8D%E6%9C%9F%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%BF%9C%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95%E8%AB%96-%E5%85%AB%E6%9C%A8-%E5%B0%86%E8%A8%88/dp/480209874X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA