【読後紹介】在庫流動管理 基礎編その1 佐々木 俊雄さん

1日1読書
899日です♪

本日、紹介する本は、

在庫流動管理 基礎編その1 佐々木 俊雄さん

です。読もうと思った目的、心に残った内容、感想などは、こちら(^-^)

【目標、目標に達するためのプロセス】

在庫管理のポイントは?

【個人的!要約】

在庫管理を難しくする要因は、市場のバラつき。

【心に残った内容、感想など】

サプライチェーンマネジメント。

在庫管理の機能を正しく理解する。
在庫管理の目的は、欠品しないこと。

買い上げ数/客数が、バラつき。
バラつきの簡易な捉え方、平均と分散。

発注残があるも、次の客が来る、これが欠品リスクになる。

補充が遅れることもある。
納入リードタイムの遅延。

多品種少量化により、生産計画は、1ヶ月から1週間、日、時間単位へと、短くなっていく。

適正在庫とは、在庫過多と、欠品リスクのトレードオフ、である。

【ベイビーステップ、個人的ワンポイント】

在庫過多と欠品リスクのトレードオフが適正在庫量。
その適正値を知るための確率論の学習。

https://www.amazon.co.jp/%E5%9C%A8%E5%BA%AB%E6%B5%81%E5%8B%95%E7%AE%A1%E7%90%86-%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%B7%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%91-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8-%E4%BF%8A%E9%9B%84-ebook/dp/B07ZJY8NX8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA