【696】幸せな「もの」より大事なものは「感じる」心

中神勇輝です。今回で、696回目です☆

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来が変わる、
そんなきっかけになれば有り難く今日も思いを綴ります(^-^)

お友達に紹介したいという方があれば、以下メルマガをどうぞ(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

では、本日の内容です。

幸せの構造は何でしょうか?

私たちが幸せと感じる時はどんな時でしょうか?

お金が儲かった時。
仕事でうまくいった時。
好きな相手と結婚できた時。
人から褒められた時。

幸せと感じる時は、人それぞれです。

この「人それぞれ」というのが、ミソ、と思います。

例えば.金持ちになることを、幸せ!と感じる人もあれば、
なんとも思わない人もいますし、むしろ不幸せに
思っている(なっている)人もいるかもしれません。

ということは、「幸せ」そのものが厳然として存在するのではなく、
感じ方、というところが重要ではないでしょうか。

であれば、幸せな「もの」を求めるのではなくて、
幸せを感じる感じ方、というマインドを得る方が重要といえます。

その幸せの感じ方、思考を作るうえでとても重要なのが言葉。

言葉の使い方次第で、
幸せの受け取り方を変えられるのではないでしょうか。

普段からポジティブな言葉を使っているひとは、
ポジティブに物事をとらえます。

他の誰でもない「私」の言葉遣いを変えるだけで、
相当、世界観が変わります。

とはいっても、そんな前向きなことばかり言ってられないよ、と
言うこともあるかもしれません。私もそう思います。

しかし、使う言葉を変えなければ、一生そのままになってしまいます。

そうではなく、少しでも前向きな言葉を使う。
前向きな受け取り方をしようと努力するからこそ、
価値観が変わり、世界が変わり、行動や結果もまた変わってきます。

まずはポジティブな言葉を使ってみるところから、
自分の世界観、幸せ「感」を作っていきたいですね(^-^)

では、また明日(^-^)v

◇過去の記事は、ブログにまとめています(^-^)

https://ameblo.jp/gami-yukkichi

◇2020年3月、中小企業診断士試験の失敗経験をプラスに捉えたらどうなるか、まとめました。
Kindle unlimitedでも読めます。 

◇2019年12月、豆腐メンタルが強くなるための5つの視点を本にまとめました。
Kindle unlimitedでも読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA