【925】発信しようと思うと、自分に目が向く

中神勇輝です。今回で、925回目です☆

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来を変える一助に。

◇過去の記事は、ブログにまとめています(^-^)

https://ameblo.jp/gami-yukkichi

メルマガ登録はこちらから(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

では、本日の内容です。

「自分の人生が世の中に役立つ、価値があるものは何か、を知る。
発信し、出会いの場を求め、ただ与える。
人を応援するから助けてもらえる。」

自分の人生で身に付けてきたもの、手に入れてきたもの、どんなものがあるでしょうか。

自分にとって、当たり前のようにしている、持っているものだから、
気づいていないことが多いです。

自分にとっては普通のことでも、
他人からしたら特徴的!ということ、ありますよね。

文字が上手だなぁ、論理的に物事を考える人だなぁ、すごい人脈だなぁ、
会話上手だなぁ、コミュニケーション力がすごいなぁ、など、いろいろあります。

そのスキル、その人にとっては当たり前にできている、
特段、意識してなくてもできていることなので、
誰かの役に立つ、というように、なかなか思いつかない訳です。

その強みをまず言語化してみること。

世の中には、インターネットという便利なものがあるので、
Google先生のお力で、世間が注目しているキーワード、解決したいと思っている課題が
見えやすくなっています。

その課題から、自分なりの価値を見出してみる、ということですね。

その価値を求めている人たちと、私の強みが合う(提供できるものがある)、
その時に価値をお届けできることになりますね。

せっかくのスキル、自分だけで独り占めするのもったいないです。

自分を見る。
発信しようとすることで、自分の強みを言語化するきっかけになります。
価値を提供していこうと思い、コンテンツを作ろうと思います。

これは、自分自身のためにも他人のためにも良いです。
そのコンテンツが機会となり、出会いにもつながります。

人を助けられる、支援できる「自分の力」を明文化していきましょう。

本日、参考にした本は、「人生をコンテンツ化せよ 情報発信時代の「道は開ける」 長倉 顕太さん」でした。

では、また明日(^-^)v

◇Twitterでも呟いています(^-^)

◇2020年7月、試験の失敗を通して、学習本を読み漁った時の気づきや
エッセンスを1冊にまとめてみました。Kindle unlimitedでも読めます。 

◇その他の本は以下からどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/%25E4%25B8%25AD%25E7%25A5%259E%25E3%2580%2580%25E5%258B%2587%25E8%25BC%259D/e/B08372SCJ5%3Fref=dbs_a_mng_rwt_scns_share

以上です(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA