【理論と実践】介護サービスの特性と質の評価と向上(介護福祉経営士テキストを通して)

~医療・介護に関わる職員が、安心して、仕事の生産性高く、充実して働ける未来の一助へ~

ご友人等へのメルマガ紹介はこちらから。
https://www.mag2.com/m/0001682907

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
令和6年5月30日 医療・介護経営の理論と実践 2209号

■介護サービスの特性と質の評価と向上(介護福祉経営士テキストを通して)

中神勇輝(なかがみゆうき)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。中神です。

【はじめに】

令和6年度の診療報酬・介護報酬改定対応に奔走されている医療機関が多いことでしょう。
私もその一人です。

・急性期の厳格化と高齢者救急医療の受け入れ態勢の整備
・基本診療に対する賃上げ分の上乗せ
・負担軽減や連携を促進する取り組み・DX化の評価
・感染対策の労力を補填する加算
・生活や食事を支え、改善するための多職種の協働、地域との連携

を推進するために、新規点数の設定、既存点数の是正が加わったと感じます。

森(全体)を見て、木(個別項目)を見ていく必要があります。

【理由・参考書】

医療介護連携が重要視されていますので、介護福祉経営について大枠を学習しています。

最近は、介護福祉経営士テキスト基礎編1ー4(第3版)
「介護福祉の仕組み」を参考書に使っています。

( テキストは以下からどうぞ。(最新版は第4版です)
https://www.jmpshop.jp/products/detail/2138
「介護福祉経営士テキスト JMIP」で検索してください。 )

学習目標として、介護福祉経営士2級の受験を考えています。
こういった試験・テキストの良いところは知識や体系を網羅的に学べることです。
私自身の理解や補足確認した内容などが混ざりますので、
詳細や正確な内容を確認したい方は、テキストをご購入ください。

【本日の内容】

今回は、「介護サービスの特性と質の評価と向上」について、学習しました。

1、サービスとは

1)一般的なサービスの代表的な特性

・無形性:サービスには形がない
・同時性:生産と消費が同時に起きる
・不可逆性:戻すことができない
・消滅性:ストックできない
・関係性:顧客との相互作用、共同作業で作られる

2)介護サービスの特性

・専門性:利用者の安全の確保や安心を与える
・代替性:利用者の望む生活を実現するための手段は1つではない
・公共性:コンプライアンスやCSRに則った事業運営が求められる
・利用者と購入決定者の不一致:高齢、要介護など利用者の状態によって、購入者が異なる場合がある
・負のサービス:できることならば使いたくない

サービスの一般的な特性と介護サービスの特性の両方を踏まえた取り組みが必要、
ということですね。

2、介護サービスの質の評価

1)公的な取り組みの方法

・介護サービス情報の公表
・認知症対応型共同生活介護事業者に義務付けられている自己評価・外部評価
・運営推進会議などによる評価
・福祉サービスの第三者評価

などがあります。

2)3つの要素のアプローチ

SPO(ストラクチャー・プロセス・アウトカム)、
構造・過程・成果の3要素から質を高めているかどうか、
という視点を持つことも有効ですね。

設備や人員構成、サービス水準、利用者の満足度を含むアウトカム評価なしで、
事業所が目指すサービスの質に到達できているかを判断できません。

介護報酬の加算等において、提供の過程、提供者、サービスの成果など、
質の評価の物差しとして各種点数の基準が一覧表になっている点は興味深い内容です。

3)望まれるアウトカム指標

介護サービスの評価は、その実施によってケアの質の向上につなげ、
介護保険の理念の実現を目指して実施すべきである、と結ばれていました。

以上です。では、また明日(^-^)v

(当該内容は、私の所属する組織とは一切関係はなく、全ての文責は私個人に属します。)

テーマについて、ご要望あれば、コメントをどうぞ。

◇病院経営の見える化について公開講座(動画)の講師をする機会を頂きました。感謝(^_^)
https://hcmi-s.net/weblesson-hcm/jmp_consult_01/  (講座)
https://healthcare-mgt.com/article/iryo/jmp_consulting01/  (紹介)

◇過去の内容、記事はこちらから是非(^-^)
https://wakuwaku-kokoro.net/

◇試験勉強や本の学びをアウトプットしているYouTubeチャンネルは、こちらです(^-^)
https://youtube.com/channel/UC_PiglYG9qTBjlJ3jt3161A

この記事を書いたのは、こんな人。
ーーーーーーーーーーーーーーー
中神勇輝。地方の中小病院に勤務する医事課畑出身の企画部門所属。
2023年、医療経営士1級に合格!
2023年、中小企業診断士の1次試験の2次試験は突破、次は登録。
趣味は、ドラムと家庭菜園と筋トレ(HIIT最高!)と読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA