【1054】予実管理、始めます

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来を変える一助に。

金曜日ですね。新年度も二日目です。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

データ分析

今日は、予実(予算実績)管理について考えてみます。

年度の初めに予算を立てて、実績を管理する、ということですよね。

・予算を適切に設定すること。つまり収益、費用面の目標設定(高すぎず、低すぎず)
・リアルタイムで確認、集計できる仕組み。
・細かすぎない予算と実績(重要度の高い項目を中心にチェック)

当たり前のように実施している病院もあると思いますが、
では、誰が、どの程度しているのか、意外と知らないのではないでしょうか。

院長なのか、事務長なのか、経理課なのか、経営企画なのか。
どこまで厳密にするのか。

利益や収益、費用は、センシティブな情報ですので、末端の職員にまで情報は下ろしにくい。

ゴール

では、誰が管理してくれているのだろうか?

誰かがやってくれていれば良いです。
しかし、誰もしていなかったら、無理な投資が起きかねません。
気がついたら費用がかさみ、経営を圧迫しかねません。

年間の収益や費用の見込みを出すからこそ、事業への投資可能額の予測が立ちます。
また、予算に対して実績がどの程度だったかを確認すれば、
達成した部門または未達成だった部門がどこか確認できるので、改善するきっかけになりますよね。

ということで、今年度は、予算の立て方、実績の管理について
学びを深めようと思います。

限られた経営資源を最適配分するために、
より地域のニーズに適したWin-Winの経営判断に資する材料作りに勤しみたいと思います。

では、また明日(^_^)v

◇過去の内容、記事はこちらから是非(^-^)

https://wakuwaku-kokoro.net/

◇メルマガ登録はこちらから(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

◇以下は、中小企業診断士試験の受験(不合格体験)を通しての学びを電子書籍にしたものです。
リベンジ予定ですが、しばらく別の活動中。その他の書籍も是非ご覧下さい。
Kindle Unlimitedで読めます(^-^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA