【1049】野菜を育てる、共通する部分と異なる部分に着目する

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来を変える一助に。

日曜日ですね。

土日は、フリー記事ということにしています。今回は、玉ねぎ栽培(?)について。

昨年から家庭菜園を始めています!
素人のメモ帳みたいモノを電子書籍(というのもおこがましいですが)を書きました。
失敗談ですが(^_^;

今年は、2年目を迎えてます。

昨年の11月にタマネギの苗を植えました。100個ぐらい。
ただ、現在、生き残っているのは、半分ぐらいです。

こりもせず、昨年同様、失敗を繰り返しています。

ウチの庭は、日照が悪いのも要因の一つ。
その対策として、黒色のマルチを貼って、日照不足対策(地熱をキープ)をしました。
これは、前回の反省を生かした!と思います。

しかし、育っていない理由としてもう一つ考えられるのは、肥料不足です。

   (ツンと立ってほしいのに倒れている)

  (雪の重み、半端ないです)

雪が解けたタイミングで、追肥すれば良かったのですが、
マルチの上から、どうやって追肥するんだろう、と思ってサボってました。
調べればすぐ分かるのに(^_^;

肥料、めちゃくちゃ大事です。土の栄養をいかにキープするのか。

雑草とは放っておいても勝手に成長しますが、野菜はそんなに甘くないです。

肥料は、しっかりやりましょう。

以下を見ると、苗を植えて、半月後に追肥するようでした。

https://sakata-tsushin.com/oyakudachi/lesson/vegetable/post_34.html

これは、していなかったです。こんなにすぐやるんだ・・・、という反省。

野菜によって違う。共通する部分もあれば、異なる部分もある。

これも新たな反省です。

初期に植えた100個の苗は、だいぶ少なくなりましたが、
5月には、多少なりとも玉ねぎは収穫できそうですから、楽しみです。

そして、春に植える野菜を何にしようか、今から考えて事前に調べて、
スムーズに家庭菜園を開始したいなぁ、と思います。

では、また明日(^_^)v

◇過去の内容、記事はこちらから是非(^-^)

https://wakuwaku-kokoro.net/

◇メルマガ登録はこちらから(^-^)

https://www.mag2.com/m/0001682907.html

◇以下は、中小企業診断士試験の受験(不合格体験)を通しての学びを電子書籍にしたものです。
リベンジ予定ですが、しばらく別の活動中。その他の書籍も是非ご覧下さい。
Kindle Unlimitedで読めます(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA