【理論と実践】経営戦略 〜理念と戦略と、SWOT分析〜

~医療・介護に関わる職員が、安心して、仕事の生産性高く、充実して働ける未来の一助へ~

ご友人等へのメルマガ紹介はこちらから。
https://www.mag2.com/m/0001682907

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
令和6年6月3日 医療・介護経営の理論と実践 2213号

■経営戦略 〜理念と戦略と、SWOT分析〜

中神勇輝(なかがみゆうき)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。中神です。

【はじめに】

中小企業診断士試験に合格後、実務補習に向けて準備中です。
あらためて勉強してきた内容を振り返り、最低限の知識体系を整理したいと思います。
「企業経営理論」から経営戦略の視点で見てみましょう。

【本日の内容】

今回は、「経営戦略 〜理念と戦略と、SWOT分析〜」について確認してみましょう。

1、理念と戦略

その企業が、何を目指し、何をするのか。

経営理念と経営戦略への落とし込みがない場合、
企業が存在し、活動する意義は曖昧なものになってしまいます。

理念が明確であればあるほどに、従業員に徹底すればするほどに、
その企業が提供する製品やサービスに思いが乗っかり、その企業が社会に与える価値が増大します。

ただ、理念は、抽象的ですので、
その理念を実現するために、短・中期的な未来像を示すビジョンの言語化が必要であり、
具体的な行動を示すための戦略が必要になってきます。

1)企業全体の戦略
2)事業ごとの戦略
3)機能・セクション別の戦略

理念からビジョン、各階層の戦略に至るまでの適切なブレイクダウン、関連性を持たせることが肝要です。
そうでなければ、部分部分で一生懸命頑張っても、バラバラな方向に向いてしまっていては、
集団としての組織の力というメリットを発揮できず、力が分散します。

そして、その戦略を考える上で参考になるのが、内外の環境分析であるSWOT分析です。

2、SWOT分析

まず。経営理念を実現にするために、目標を立てます。
次に、外部環境を分析します。(機会、脅威)
そして、内部環境を分析します。(強み、弱み)

分析結果を踏まえて、
1)強みをもって、機会をつかむ
2)強みをもって、脅威に対応する
3)機会をつかめるように、弱みを克服する
4)自前で脅威を克服できないので、他者を頼る
というように戦略を立てていきます。

少なくとも、年に一度は、上記の視点で、環境分析を行い、
戦略を立てて、優先順位を決めて、取り組んでいきたいですね。

以上です。では、また明日(^-^)v

(当該内容は、私の所属する組織とは一切関係はなく、全ての文責は私個人に属します。)

テーマについて、ご要望あれば、コメントをどうぞ。

◇病院経営の見える化について公開講座(動画)の講師をする機会を頂きました。感謝(^_^)
https://hcmi-s.net/weblesson-hcm/jmp_consult_01/  (講座)
https://healthcare-mgt.com/article/iryo/jmp_consulting01/  (紹介)

◇過去の内容、記事はこちらから是非(^-^)
https://wakuwaku-kokoro.net/

◇試験勉強や本の学びをアウトプットしているYouTubeチャンネルは、こちらです(^-^)
https://youtube.com/channel/UC_PiglYG9qTBjlJ3jt3161A

この記事を書いたのは、こんな人。
ーーーーーーーーーーーーーーー
中神勇輝。地方の中小病院に勤務する医事課畑出身の企画部門所属。
2023年、医療経営士1級に合格!
2023年、中小企業診断士の1次試験の2次試験は突破、次は登録。
趣味は、ドラムと家庭菜園と筋トレ(HIIT最高!)と読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA