【1161】地域を支える中小病院(前半)(日本病院会雑誌)

日々の学びや気づきを言語化し、行動を変え、未来を変える一助に。

9月に、医療経営士1級の試験があり、しばらく、その学びをシェアしていきます。
ただし現状、試験会場が東京のみのため、このご時世の地方暮らしには行きにくい状況です。

今回は、雑誌「日本病院会雑誌」を読んで。

テーマは、

「地域包括ケアを守るのは、巨艦主義の大型病院ではなく、
小回りの利く二次救急を行うケアミックス型の中小病院」

という内容です!興味深い内容ですね。

組織も大きくなりすぎると、大きな船のように、小回りが利かなくなる。
方向転換に一苦労です。方向を変えている間に、時期を逃す可能性もありますよね。

その他、本来、分散化した方が良いにも関わらず、機能が1つに集中し過ぎる、
といったことも指摘されていました。即断・即決・即行動しにくいことは容易に想像できます。

ただし、集中すれば良い機能もあり、たとえば、周産期といった機能は、その一つです。

では、その中で、地域における重要な機能は何か?

それは、地域の在宅と病院をつなぐ救急、と紹介されていました。

これはそうですよね。

訪問診療、訪問看護といった、医療、介護面でのキュア、ケア。
ショートステイといったように、ちょっと利用できる場。

これらがあるからこそ、自宅で過ごせます。

しかし、在宅診療、訪問看護を行いながら暮らしても、どうしても急変することがあります。
その時、緊急時に入院できる場所、治療を受けられる場所があるかどうかは、
自宅で過ごすための重要なファクターです。

その病院と自宅をつなぐのが、救急機能といえます。

地域の救急隊と病院の連携は、患者にとっては安心。
病院にとっては責任、また経営面でも大切です。新入院につながります。

中小病院として、ある程度の手術、緊急症例に対応できる力、
在宅を支える力を持ったケアミックス型の病院こそ、地域に求められている。
とのことです。

ただ、今、なぜ、これらが必要とされているか、という背景も考えなければいけません。
それは、次回に回したいと思います。

ではまた明日(^-^)v
ベイビーステップ
テーマについて、ご要望あれば、コメントをどうぞ。
◇過去の内容、記事はこちらから是非(^-^)
◇経営の見える化について公開講座(動画)の講師をする機会を頂きました。感謝(^_^)
◇メルマガ登録はこちらから(^-^)
◇以下は、中小企業診断士試験の受験(不合格体験)を通しての学びを電子書籍にしたものです。
 リベンジ予定ですが、しばらく別の活動中。その他の書籍もあります。是非ご覧下さい。
 Kindle Unlimitedで読めます(^-^)
「中小企業診断士試験 不合格分析記 : ~しくじりを成功につなげる29の改善ポイント~」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA